定期検診としての役割も果たしてくれる

歯のホワイトニング

 

ホワイトニングは見た目の美しさを重視した審美治療ですが、美容整形やフェイシャルエステとは違って歯科医院で行われるので専門知識を持った歯科ドクターが担当します。

 

歯を白く明るい状態にすることを目的にしていても、治療を始める前にはカウンセリングを行ったり口の中の状態を見て虫歯や歯周病がないか確認したり、トラブルがあれば先に治療をしてからホワイトニングを始めることになるので通っていると歯科検診としての役割もあります。

 

1回だけ受けるのではなく白さを維持するために定期的にクリニックでホワイトニングをすると、同時に定期検診を受けたことになるのでお口のトラブルを早期発見したり、小さな虫歯があればその場で治療をしたり、歯周病の予防措置にもつながります。

 

もちろん歯を白くて美しい状態に保っていつでもきれいにしていられるのでステキな笑顔になったり気分良く過ごせて、口臭や歯肉炎も防げて一石二鳥です。

クリーニングを受けて全体をきれいに

クリニックでライトを当てたり薬を使ってホワイトニングをするときには、効果を最大限に引き出すために事前のクリーニングを徹底的に行います。

 

歯の隙間や裏側にたまっている歯石や磨き残しの歯垢もプロがきれいにお手入れをしてくれるので歯周病の原因となる雑菌が繁殖するのを防いで、見た目もよくなります。

 

一般的にも数カ月に一度はプロによる口腔クリーニングを受けるのが推奨されていて、歯石の除去だけのために歯科医院に通う人もいるのでホワイトニングと合わせて受ければ時間を節約して効率よく健康状態を維持できます。

 

自宅で研磨剤や漂白剤の入った歯磨き粉を使ってホワイトニングをしている人も、クリーニングのために歯科医院を受診するのがおすすめです。

 

ブラッシング指導も受けられるので磨き方のクセを直して隙間も見逃さないできれいにできるようになったり、力の入れ方を習ったり、歯科医が推奨する歯磨き粉を教えてもらったりできます。

口腔衛生や健康を保つために有効

ホワイトニングをしていると普段から歯の状態が気になるようになって、自然に健康的な食事を心がけたり食後のブラッシングをしっかり行ったりする習慣が身に付きます。

 

クリニックや審美歯科で受ける場合は歯科検診を同時に受けられるので、いつでも口の中の状態を把握して細かい汚れを落とせるので歯周病や虫歯を予防して健康な歯を維持できます。

 

歯ぐきや口腔全体もチェックしてもらえて、もしトラブルがあっても早期発見をすればわずかな治療で済みます。定期的にホワイトニングに通うことは口腔衛生全体にメリットがあり、虫歯を防いだり歯石の沈着を妨げることや、歯ぐきの炎症を防ぐこと、口臭対策などにつながります。

 

見た目はいつでも白くて明るい歯をキープできるので清潔感があり、まるで芸能人のような爽やかな笑顔でいられます。歯のトラブルが多い人、黄ばみや黒ずみが原因で笑顔に慣れない人はホワイトニングを受けてみましょう。