口腔衛生の一環として受けられる

ホワイトニングは口元をきれいに見せるための治療なので美容の一部として考えられています。

 

費用も審美治療として扱われるので保険が適用されず、全額を自己負担することになるため美容外科のような感覚です。しかし、ホワイトニングを行う前には口腔全体の健康状態を確認したり、場合によっては歯の治療をしてから始めることになるので専門の美容クリニックではなく一般歯科でも治療が受けられることがあります。

 

特に口腔内のクリーニングは必須で、ホワイトニングの効果を最大限に引き出すためにも歯石を除去したり表面に付着している歯垢やその他の汚れを落としたりすることはとても大切です。一般歯科でも研磨剤を使った表面のクリーニングをやっていて、これだけでもある程度沈着した色素が落ちるので一段階明るく見えて、光沢も出るので口元がきれいになります。ホワイトニングが診療項目に入っていなくてもまずは相談してみましょう。

院内ではなく自宅で行う方法なら簡単

クリニックの中で行うオフィスホワイトニングには特殊なライトを照射する機材や専用の部屋などが必要になるので実施していない医院も多く、審美治療に重点を置いていない一般歯科では受けられないことがあります。

 

それならマウスピースを使って自宅で行うホームホワイトニングができるか聞いてみるのがおすすめで、多くの医院で実施されています。マウスピースの製作は矯正やいびき対策、スポーツ用などに一般的に行われている治療なので、ホワイトニング用にも簡単に作ってもらえます。

 

最近は審美的な治療を受けたい要望も高まっているので新しく機材を導入する医院も増えていて、宣伝をしていなくても治療を提供してもらえることがあります。

 

院内のケアと自宅ケアを併用すると効果も大きくなり、定期的に診察が受けられる安心感もメリットです。審美治療専門の医院に行くのが嫌なら、普通の医院で受けられる治療が活用できます。

いつも通っている馴染みの医院なら心強い

セレブが通っているような専用のクリニックや口元の美容整形なども行っているクリニックに行くのは気が引けて、費用も工面できないし敷居が高いと思うなら自分が普段通っている馴染みの医院でホワイトニングの相談をしてみる方法があります。

 

口の状態をよく知っていて、治療歴や磨くときのクセ、食生活なども心得ている先生なら色素沈着の悩みにも応じてくれて最適な治療法を提案してもらえます。

 

一般歯科でも簡単なクリーニングをしたり、ホームホワイトニングをやってもらうことが可能で、おすすめの歯磨き粉やステイン除去のための磨き方を教えてもらうこともできます。

 

馴染みのある医院なら気軽に相談できるのがメリットで、場合によっては保険を適用してクリーニングを受けられます。白くするためにどんな方法があるか教えてくれたり、全体ではなく一部分だけ気になる色ムラがあるときも簡単な治療できれいにしてもらえます。