ホワイトニングが歯茎に与える影響が少ない理由

歯のホワイトニング

 

ホワイトニングは、基本的に歯に対して刺激を与えることは少なく、他の加工方式よりも痛みや炎症が出にくいものとされています。

 

その理由として、まず使用する材質の特徴があり、刺激性の少ないものが使用されるため、ホワイトニングでまわりをコーティングしたときに発生しうる痛みなどを極力減らしているためというものがあります。

 

 また、他の加工方式のようにホワイトニングは本体そのものを削ったり抜いたりはしないため、後からくる痛みや炎症といったものはほとんど無いとされているのが特徴でありメリットのひとつとして評価されている加工方式とされています。

 

また、施術期間が短いということも、歯に与えるダメージを最小限にしているポイントのひとつで、施術後に出てくる痛みや炎症が発生する可能性を極力減らしている要因のひとつとなっています。 また、使用する薬自体に鎮痛剤が含まれいているものもあり、施術時にも痛みが生じにくいというメリットもあります。

ホワイトニングによって歯茎が痛む

一方で、ホワイトニングの加工方法をすることによって、後々歯茎が痛むというケースもあります。 この加工方式は歯に与える影響を最小限にしていますが、それでも利用者それぞれの体質などによって痛みや炎症が発生するケースもあります。

 

まず、知覚過敏症やその他の過敏症を伴っている、あるいはそれに近い体質をもっている人は、施術後に痛みを感じやすくなる場合があります。 

 

歯の構造は表面にエナメル質、そしてその内側に象牙質があり神経を守っています。 エナメル質とは違い象牙質には無数の小さな穴が空いているのが特徴で、エナメル質が長年の使用によって削れている場合、ホワイトニングで使用する薬剤が神経まで浸透してしまい、そのため歯や歯茎が痛みだすということもあります。

 

この痛みは、基本的に施術後24時間以内におさまるとされていますが、もし痛みが続くようであれば過敏症によるケースを疑うべきで、我慢できない痛みの場合施術の中止が推奨されます。

ホワイトニングによる歯茎へのその他の影響

ホワイトニングは基本的にダメージの少ない加工方式とされていますが、体質によっては想定されているものよりも大きなダメージを与える場合があります。
まず、施術をする際に本体に目に見えないレベルのひび割れがあった場合や、虫歯があったときにそのままホワイトニングをしてしまうと、ホワイトニング剤がそのまま神経から歯茎まで達してしまい、結果として極度の痛みや炎症を起こす場合があります。

 

そのような場合、茎のまわりがただれたようになり、同時に痛みが発生してきます。 また、過敏症を伴っている人やもともと薬などに対して過敏な反応をする体質の人は、まわりが腫れてしまうこともあります。

 

また、光過敏症の人も注意が必要で、ホワイトニングは施術時にLEDやハロゲンといったライトを施術の期間中継続的に照射し続けるため、本体やその周りへの負担やダメージが蓄積され、結果としてただれたり痛みが出たり、また腫れるといったケースも起こります。